冬じたくは、気持ちまであたためる。

窓から差し込む陽ざしが、部屋の奥まで照らすようになってきた。
太陽の位置が低くなっているせいだ。いつの間にか季節が進んでいるんだね。
昼間はぽかぽかと穏やかな日でも、夜になると急に冷え込むようになって、
マフラーやセーターのモコモコした感触が恋しくなる。
そろそろ、冬じたくの季節だ。
ダウンやコートも出しておかなくちゃ。

服装ばかりじゃない。膝のあたりがスースーするようになると、
家でもオフィスでもブランケットが欠かせない。
部屋のスリッパやクッションカバーだってウール素材に変えたいし、
ベッドには毛布を一枚追加しておきたい。
もちろん、シーツやパジャマも厚手のものを出さなければ。
家の中が、少しずつ冬の顔になってくる。
ソファにブランケットが置いてあるだけで、
玄関にふかふかのスリッパが並んでいるだけで、ちょっとあったかそう。
こうして冬じたくを整えていくと、なんだか家がほかほかしてくる気がする。
実際、暖かそうな色や物を見ると、
それだけで人の体感温度は2〜3度上がるらしい。
ソファの上に猫がまるまっていてくれたら、さらに2〜3度上がるかもね。
そうそう、スキンケアも冬仕様に変えなくちゃ。
ローションをさっぱり系からしっとり系にして、クリームもしっかりつけて。
お風呂上がりのボディクリームも、これからは忘れるわけにいかない。
やりはじめたら、あれもこれもと結局1日がかりになった。

あったかいココアでひと息。ミルクとカカオの甘い香りに、ほっこりする。
そういえばココアも、冬になると出番が多くなるもののひとつだ。
遠い観光地まで紅葉を見に行かなくても、
季節の移り変わりをたっぷり満喫できてしまった。
日常の家事をこなすこんな時間が、実は豊かで贅沢なひとときなのかも。
冬じたくは、なんとなく気持ちまであたたかくなる。

コラムの一覧へ
コラムの更新はdear mayukoの各SNSアカウントからもお知らせしています。

このページをシェアする