春のウォーミングアップ。

3月になると、春はもうすぐそこ。
街行く人の服装にも、明るい色が目立つようになってきた。
お花屋さんの店頭に春の花が咲き競っているのはもちろん、
スーパーに行けばおなじみの野菜の隣に春野菜が並んでいる。
そういえば、この間実家に帰ったときには、
ランチのパスタにふきのとうが入っていた。「春らしくていいでしょ」と
自慢そうな母。パスタにふきのとう?と思ったけど、
意外にもクリームパスタにはふきのとうのほろ苦さがよく合っていた。

母が言うには、そのパスタはおいしいうえに、
春のウォーミングアップメニューでもあるそうだ。
ふきのとうの苦味成分にはデトックス効果があって、新陳代謝が落ちる冬に
ためこんでしまった老廃物を体の外に出してくれるという。
ふきのとうだけでなく、菜の花やタラの芽など特有の苦味を持つ春野菜には、
みな同じ働きがある。つまり、冬の間、家にこもりがちになって怠けた体を
目覚めさせ、春を迎える準備をしてくれるのだ。
旬の食材をしっかり摂るって、大事なことなんだね。
ビタミンCたっぷりの菜の花や春キャベツなら、
季節の変わり目にこじらせがちな風邪予防や
これから徐々に強くなる紫外線対策にもいいかもね。

陽ざしがポカポカと感じられて、すっかり暖かくなっている気がするけど、
実は3月の平均気温って12月とほぼ同じらしい。
油断をして軽装で出かけてしまうと、ものすごく寒い思いをすることもある。
春物を着てみたかと思うと、あわててまた冬物を引っぱり出してみたり。
冬と春がないまぜになって、同居している時期なんだ。
まだまだ春が弱々しい3月は、春野菜をたっぷり食べたり、
春色の服やコスメを揃えてみたりしながら、ウォーミングアップ。
目の前まで来ているウキウキの本格的な春を楽しむために、
しっかり備えておかなくちゃね。

コラムの一覧へ
コラムの更新はdear mayukoの各SNSアカウントからもお知らせしています。

このページをシェアする