充実の1日、どうつくる?

料理の1dayレッスンがあるというので、友人と参加した。
1日だけなら気軽だし、このごろパターン化してしまった料理の
レパートリーを増やすのにもちょうどいいと思ったのだ。
定期的に通うほど真剣に習うつもりはないし、続けられる自信もないから。

参加したのは、ハーブを上手に食事に取り入れて
おいしくいただくためのレッスン。しかも、その日のテーマはなんと和食。
ハーブなんて、バジルやローズマリーを使った定番料理くらいしか知らない。
いったいどんなハーブを使って、どんな料理ができるんだろう。
会場は、クッキングスタジオではなく先生の自宅だ。
明るく居心地のいいダイニングで簡単に料理の説明を受けたあと、
さっそくキッチンへ。5人の参加者で手分けをしながら料理を作っていく。
先生の指示通りに野菜を刻んだり、調味料を合わせたりしながら、
初対面の参加者の方と自己紹介がてらのおしゃべり。
気がつくと、先生も入っておしゃべりの方が盛り上がっていたりする。

そうしてできあがったのは、大根とカレンデュラの炊き込みご飯、
塩糀とレモングラスパウダーで食べる焼きナス、マルベリーパウダーを
使った卵豆腐などなど。どれも料理には初めて使うハーブばかり。
カレンデュラは、鮮やかなオレンジ色の花のハーブ。
炊き込みご飯を、華やかな春らしいものに仕上げてくれた。
色づけや香りづけなど、ハーブが料理のアクセントになって、
意外な組み合わせが驚くほどおいしい。

センスあふれるテーブルセッティングと盛りつけ。
食事に添えられた先生手作りの薬膳酒やデザート、食後のハーブティー。
レッスンというより、ちょっとお手伝いしながら優雅でおいしいランチを
ご馳走になった感じ。おまけに、新しい出会いとおしゃべりまで楽しめた。
こんな風に、充実の1日を過ごせるなんて。1dayレッスン、大正解。
レパートリーが増えたかどうかは、怪しいけど。

コラムの一覧へ
コラムの更新はdear mayukoの各SNSアカウントからもお知らせしています。

このページをシェアする