苦手な朝に、フワフワのやさしさ。

11月に入って、急に空気がひんやりするようになった。
冷え込む季節がやってくると、ただでさえ苦手な朝がますます辛くなる。
いつものように目覚まし時計とさんざん格闘して、
ベッドのぬくもりから離れがたくなっている体を無理やり起こす。
で、半分寝ぼけたままの状態で顔を洗う。
ただ、今朝はその先がちょっと違った。
わっ、気持ちいい。なに?このフワフワ感。

昨日の夜、新しいフェイスタオルをおろしておいたのだ。
いつもこだわりのある素敵なものを選んで贈ってくれる、友人からのギフト。
無撚糸を使ったオーガニックコットンのタオルだという。
無撚糸は、綿花を撚らずに糸にしたもの。
そもそもオーガニックコットンには天然の油分がたくさん含まれていて、
しっとりとした弾力がある。そのうえ撚っていないので
綿本来のやわらかさがそのまま生かされているのだそうだ。
その肌触りは本当にやさしくて、顔を洗ったあとタオルに顔をうずめたまま、
しばらくふんわり感に浸ってしまったくらい。
すぅっと水を吸ってくれるのも、すごく気持ちいい。
普段、タオルなんてあまり考えず適当に選んでいたけど、
使い心地ってこんなに違うんだ。
毎朝、毎晩、顔を洗うたびにこの心地よさが味わえるなんて、ちょっと贅沢。
暮らしを豊かにしてくれるのは、多分、そんななにげない幸福感なんだ。
やっぱり、毎日使うものこそ本当にいいものを選ぶべきだね。

起き抜けの不機嫌な気分は、いつの間にかすっかり消えていた。
このフワフワのタオルに包まれていたら、
苦手な朝も少しは好きになれるかもしれない。
やわらかな肌触りやなめらかな感触には、
脳をリラックスさせる癒し効果もあるというしね。
ん? それって逆に、気持ちよすぎてまた眠たくなってしまうかも。

コラムの一覧へ
コラムの更新はdear mayukoの各SNSアカウントからもお知らせしています。