大掃除の準備は万端。

年の瀬の慌ただしい日々が、ぐんぐんスピードを上げるように過ぎていく。
そんな中、ずっと気にしながら見ないふりをしてきたこと。
換気扇の油汚れ、バスルームのくもった鏡、ブラインドを下ろすたびに
目に入る隙間の埃。そろそろやらなくちゃいけないよね、大掃除。
土日が巡ってくるたびにそう思うのだけど、どうしても重い腰を上げられない。
とりあえず、大掃除の準備から始めよう。まずは、お掃除グッズの買い出し。
グッズを揃えたら、その気になれそうだよね。

この時期、ショップには掃除グッズコーナーが設けられていた。
基本の掃除用具から洗剤や便利グッズまで、ありとあらゆるものが揃っている。
まず目を奪われたのは、カラフルなゴム手袋たちだ。
可愛いワンポイントのイラストがついたもの、袖口にフリルやリボンが
施されたもの。そして、シックなモノトーンのものも。ゴム手袋だけで、
こんなにバラエティがあるなんて。ちょっと楽しくなってきた。
お風呂掃除用のスポンジやブラシだって、猫の形をしたキュートなものから
インテリアにもなりそうなオシャレなものまで揃っている。
あれもこれも、欲しいものばかりだ。中でも心をわしづかみにされたのは、
ブラインドブラシだった。ドイツの老舗メーカーのハンドメイド。
木製の柄に4列のブラシがついている。ブラインドにブラシを差し込んで
スーッとスライドさせると、スラットを上下から挟んで隙間に積もった埃が
一気に取り去られるという優れものだ。ブラシ部分は柔らかな山羊の毛。
木製の柄とともに良質な天然素材で作られた上質感が漂っていて、
窓の脇にさりげなく掛けておいても絵になりそう。
これがあれば、ブラインドに埃をためることもなくなる気がする。

ウキウキと掃除グッズを買い集めて帰ってくると、すっかり安心して
なんだかもう大掃除をほとんどやった気になっていた。
現実はもちろん何も終わっていない。さっきまで、あんなに楽しかったのに。
換気扇を見上げて、思わずため息。準備はもう、万端すぎるくらい万端だ。
掃除をしない言い訳が、なくなっちゃったなぁ。

コラムの一覧へ
コラムの更新はdear mayukoの各SNSアカウントからもお知らせしています。