5月は、風に乗って。

カーテンを揺らしてときおり入ってくる風が、心地いい。
窓の向こうには、明るい陽ざしが降りそそいでいる。
遠くに見える公園の新緑も、鮮やかだ。
こんな日に、家の中にいるなんてもったいない。
自転車でぶらりと出かけてみようかな。
買ったばかりのクロスバイクも試したいし。

スイカズラの甘い香りが漂う生け垣の間を抜け、
川沿いの道まで出て、すっかり葉桜になった緑のトンネルの中を走る。
クロスバイクでの走りは、想像以上に気持ちいい。
ママチャリ感覚で乗れるのに、軽さとスピード感が全然違う。
ひと漕ぎで、ぐんぐん進んでいく。
勢いづいて、ちょっと長めの坂道にチャレンジしてみる。
通ったことのない小さな路地にも、入り込んでみた。
途中で発見した雑貨屋さんや本屋さんをのぞいたりしながら、
思い立って住宅街の中にある美術館まで足を伸ばす。
気軽に寄り道しながら、自分のペースでぶらぶらできるのがいい。
そのうえ、意外と楽に遠くまで走れてしまうのが自転車の魅力だ。
美術館のカフェで遅いランチをとりながら、
雑貨屋さんで手に入れた可愛いステーショナリーににんまり。
そして、たまたま開催されていた写真展がまた素敵で、
思いがけない出会いに、自転車の魅力がさらに倍増する。

帰りは、下り坂を飛ぶように走った。爽やかな風が体中を通り抜けていく。
自転車に乗って出かけたら、なんでもない休日はとびきり楽しい日になった。
歩くスピードでは味わえない快感。自分で風を起こしていくから楽しいんだ。
なんだか、ココロまで一緒に加速していく気がする。
吹いてくる風を待っているだけだったら、きっとこんな気持ちにはなれなかった。
やっぱり、風は自分で起こさないとね。

コラムの一覧へ
コラムの更新はdear mayukoの各SNSアカウントからもお知らせしています。

このページをシェアする