救いの雨。

疲れて気分が落ち込んでいた仕事帰り、気晴らしに立ち寄った店で
思わず衝動買い。「顔がパッと華やぎますよ」なんてすすめられて、
柄にもなくネオンピンクのシャツを買ってしまったのだ。
だけど、なかなか着る勇気がでない。何度も合わせては見るのだけれど、
やっぱり似合わない気がして結局やめてしまっていた。

そんなことをオフィスで話していたら、後ろの席で聞いていた同僚が
「雨の日に着てみたら?」と声をかけてきた。雨の日は光量が
ガクンと下がるので、同じ色でもしっとりとやさしく見えるのだとか。
カメラが趣味の彼は、花の写真は曇りか雨の日に撮ると決めているそうだ。
晴れて光が強いと、影が出たり色が強烈に出すぎてしまうからだという。
そんなことがあるんだ。ジメジメして、気持ちも下がり気味になる
雨の日に、思い切った色を着るのはいいかもしれない。
だいたい、衝動買いしてしまったのも気分を明るくしたかったからだものね。
どんなコーディネートがいいだろう。ネイビーのスカートはどうかな。
あ、カーキ色のワイドパンツも、鮮やかなピンクと相性が良さそう。
足元は、ショート丈のサイドゴアレインブーツにして・・
気がついたら、頭の中であれこれシミュレーションして楽しんでいる。
なんだか急に、雨の日が待ち遠しくなってきた。

数日後、待望の雨。いつもなら、窓を開けたときに雨が降っているだけで
朝からがっかりするのに、妙にウキウキしてしまうから不思議。
あんなにためらっていたシャツにも、抵抗がなくなっている。
せっかくだから、リップもちょっと明るい色にしてみようかな。
人って、つくづく気持ちに左右される動物だね。

「イメージチェンジ?そういう感じもいいね」なんていわれて
オフィスでも好評だった。やさしい雨の効果を教えてくれた同僚に、感謝。
おかげで衝動買いを後悔しなくて済んだ上に、雨の日も楽しくなった。
これから梅雨の季節。もう1枚、ネオンカラーを買っちゃったりして。

コラムの一覧へ
コラムの更新はdear mayukoの各SNSアカウントからもお知らせしています。