アクセサリーって、出会い。

友人と映画を観たあと、食事をするにはまだ早い時間だったので、
ぶらぶらとウィンドウショッピングをすることになった。
店のディスプレイは、服もバッグも靴も、もうすっかり秋だ。
そんな中、小さなアクセサリーショップの前で思わず足が止まった。
甘えるような仕草をする猫と、目があってしまったのだ。

甘えているの?眠っているの?それとも伸びをしているの?
手足を伸ばした猫が指にしがみつくように輪になった、シルバーの
ピンキーリング。サイズの小ささが、デザインをよりキュートに見せている。
ショップのスタッフにすすめられるまま、試着してみる。
小指にピタッとしがみつく姿が、かわいすぎる!
それでいて、フォルムは美しく洗練されているので決して幼くならない。
小指につけるピンキーリングは側面まで見えるので、
小さくても存在感があり、デザインの美しさも引き立つのだという。
「猫のモチーフは、魔除けと幸運を呼ぶ力とどっちもあるらしいよ」と友人。
ショップの彼女も「幸せは右手の小指から入ってくるといわれています。
ピンキーリングを、幸せを引き寄せるお守りとしてつける方も
いらっしゃいますよ」と笑顔でたたみかけてくる。結局、勢いでそのまま
衝動買い。しかも、お揃いのデザインのピアスまで一緒に。
友人やスタッフの言葉のせいじゃない。見つけた瞬間から、なんとなく
買おうと決めていたような気がする。アクセサリーは、いつもそう。
わざわざ買いに行くことはほとんどない。偶然目にしたものを気に入って、
思わず買ってしまう。ふらりと出かけた先で、出会ってしまう感じだ。

どんなファッションも、アクセサリーをつけるとパッと印象が変わる。
指先や胸元のアクセサリーが、その人のかもしだす雰囲気を決定づけるのだ。
それは、知らず知らずのうちにその人らしさを表現している気がする。
だとしたら、アクセサリーとの出会いは、新しい自分との出会いでも
あるかもしれない。このキュートな猫ちゃんが表現してくれるのは、
どんな自分なんだろう。秋のファッションが、がぜん楽しみになってきた。

コラムの一覧へ
コラムの更新はdear mayukoの各SNSアカウントからもお知らせしています。