旅のおすそ分け。

旅行から帰った友人から、お土産をもらった。
素朴なご当地パッケージに旅情をかき立てられるお菓子と、
クオリティの高そうな中国茶。お土産は現地の風を
運んできてくれる気がして、もらうとやっぱりちょっとワクワクする。
旅の楽しさを、おすそ分けしてもらっている感じだ。
ただ残念なことに、お土産の定番であるお茶は、
使い切れないまま棚の奥に眠ってしまうことも多い。

そんなことを思っていたら、お土産をくれた当の本人から
「ゴメン、お茶って使い切れなくて困るよね?でも、これすごくおいしいの」
とあやまられてしまった。そして「良かったら水出しで飲んでみて」という。
ピッチャーに茶葉と水を入れて、一晩冷蔵庫に入れておくだけ。
茶葉をお茶パックに詰めて水出しすれば、濾す必要もないので簡単とのこと。
お湯をわかしてティーポットを使い、きちんとお茶を淹れようとすると、
ついつい面倒になって飲まなくなってしまう。水出しで作っておけば、
喉がかわいたとき気軽に飲めるので、あっという間に使い切るという。
しかも、水出しにすると苦味や渋みが少なくて、爽やかで軽い味わいに
なるらしい。「今、家に余っているお茶でも試してみて」と友人。
水出しなんていう方法があったんだ。確かに手軽だし、お茶消費が増えそう。
「ちょっと古くなったお茶は、料理に使う手もあるよ」
簡単なのは、お茶のしゃぶしゃぶだとか。出汁のかわりにお茶でしゃぶしゃぶ
すると、ほんのりお茶の香りがしてすっきりおいしいらしい。
そのうえ、お茶を使うとアクも出にくいのだという。
他にも角煮を煮るときに使ってみたり、中国茶や紅茶のゼリーを作ったり。
実は彼女も、使い切れないお茶に困っていろいろ調べたのだと笑った。

その夜、彼女のお土産のお茶をさっそく水出しにしてみた。
翌日飲んでみると、ものすごくフルーティーで爽やか。今まで飲んでいた
中国茶と全く印象が違う。これなら、棚の奥のお茶も使い切れそうだ。今さら
だけど、これまでの旅のおすそ分けをじっくり楽しませてもらおうっと。

コラムの一覧へ
コラムの更新はdear mayukoの各SNSアカウントからもお知らせしています。