色づく秋に、心奪われて。

社用で出かけた平日の午後。用事を済ませたあと、気持ちのいいお天気に
誘われて近くの公園を少しだけ散歩してから戻ることにした。
オフィス街から木の生い茂る公園に足を踏み入れると、都会の喧噪が
遠のく気がした。そして、目の前に広がるのは秋一色に染め上げられた世界。
いつの間にか、季節はすっかり進んでいたんだね。

公園の門から続く、鮮やかに色づいた銀杏並木。青空とのコントラストが
まぶしいくらい美しい。足元を見れば、一面に落ち葉が降り積もっている。
その黄金色の絨毯を踏みしめながら並木道を歩くと、
湿気を含んだような落ち葉の匂いが香り立つ。秋の匂いだ。
やがて、木々の向こうに明るい空が開けて池が現れる。水辺の周りを彩るのは
真っ赤なモミジ。そこに銀杏の黄、欅のオレンジ、さらに常緑樹のグリーンが
加わり、息をのむような華やかな風景を描き出していた。しかも、その美しい
風景は鏡のような水面にもくっきりと浮かび上がっているのだ。
これって、本当に都会のど真ん中なの?
何げなく歩いた公園で、こんなに見事な紅葉が見られるなんて。
山奥の湖だって、こんな贅沢な景色が見られるかどうか。
都会って、実はすごく自然豊かなんだね。遠い名所まで行かなくても、
池の畔のベンチでたっぷり秋を満喫できるんだもの。

うっとりと都会の紅葉に見とれていると、目の前をハラハラとモミジの葉が
舞い落ちていった。木は、陽ざしが弱まる冬に備えて葉を落とす。
大切な幹に栄養を集中させるために、葉に送る養分をストップさせるのだと
聞いたことがある。エネルギーが途絶えて散っていく葉が、最後に見せる
精一杯の輝きが紅葉なんだ。そう思うと、なんだか切ないね。
秋がもの哀しいのはそのせいかな。そんなことを考えながら
センチメンタルな気分に浸っていたら、いつの間にかあたりが薄暗くなってきている。
そういえば、まだ仕事中だったっけ。美しすぎる紅葉のせいで、
すっかり山奥の湖にいる気分になっていた。
ちょっとのんびりすぎたかも。いいかげんオフィスに戻らなくちゃ。

コラムの一覧へ
コラムの更新はdear mayukoの各SNSアカウントからもお知らせしています。